2016年01月12日

ドイツ語習得・停滞と突破

ドイツ語をはじめようと思う理由は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語は、元浦和レッズの細貝萌や原口元気など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目され人気が高まることもあるようです。

ドイツ語は英語に比べると、私たち日本人には馴染みやすいと感じるところがあります。ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。

ドイツ語の学習が進んで行くと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語が日本語と類似していると思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語式に言えば、この場合ガスタンクが適切です。これは明らかに勘違いされてしまった例ですね。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

最短最速攻略 ドイツ語マスター

posted by ドイツ語を革新的に効率よく速習するための情報を提供します。 at 16:10| ドイツ語の革新的攻略のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

ドイツ語攻略・瞬発と持続

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語を母国語としているのはドイツ本国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

ドイツ語は英語よりも、日本人には親しみやすい側面があります。ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚を発見します。ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の独自の語順の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベは日本語になっているドイツ語ですが、本来はガス爆弾のことです(笑)。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。ドイツ人にタクシーのトランクにある燃料容器を「ガスボンベ」と説明し大笑いされたことがあります。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。



『革新的ドイツ語攻略法』

posted by ドイツ語を革新的に効率よく速習するための情報を提供します。 at 18:30| ドイツ語の革新的攻略のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ語攻略・共感と共鳴

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語は、内田篤人や大迫勇也など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで脚光を浴びることもあるようです。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは数多いですが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いのです。英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、現在に至るまでにドイツ語とはかなりかけ離れてしまいました。

ドイツ語の学習を進めていくと、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の仕組みに通ずるものが存在していることに驚きます。ドイツ語が日本語に似ていると思う点は、それはドイツ語の独特の倒置法が少なからず係りを持っていると考えられます。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は〜しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。

ドイツ語の発音はとてもカンタンです。学習する時間もフランス語の発音の20分の1以下くらいの労力で済みます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

最短最速攻略 ドイツ語マスター 『革新的ドイツ語攻略法』

posted by ドイツ語を革新的に効率よく速習するための情報を提供します。 at 15:50| ドイツ語の革新的攻略のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。